飲食店の売上が伸び悩んでいるならココ|再建しよう

経営で注目する数字

レディ

味だけでは勝てない

食に関する仕事をしたいという人の中には、飲食店での勤務を希望する人が少なくありません。特に料理を作るのが好きだという人は、調理師免許を取得して将来は飲食店を経営したいという夢を持って働いています。作った料理を美味しいと食べてもらえる環境は非常にやりがいがあります。しかし闇雲に料理を作るだけでは飲食店の経営は成り立たないのです。店舗を運営するために必要な最低限の売上を確保できるようにしておかなければなりません。自分の店を持ちたいと思うのであれば、料理の腕を磨くとともに経営の仕組みも理解しておく必要があります。飲食店の売上は来店客数と客単価に分けて考えます。前段階として、赤字にならないためにはひと月にいくらの売上が必要かを見積もっておきます。店舗を借りていれば毎月家賃が発生します。人を雇うのであれば給料を払わなければなりませんし、自らも生活費が必要です。飲食店なので食材費も重要なポイントです。これらの支出を足し合わせると、最低限必要な売上金額が見えてくるのです。次に来店客数と客単価の見込みを立てます。居酒屋であれば夜のみの営業か、ランチの時間帯も店を開けるのかで来店客数の予想は変わります。客単価は一人の客が一回の飲食で使う金額です。こちらも昼の営業と夜の営業では差が出ます。来店客数と客単価を掛けたものが売上です。つまり売上を上げるためには来店客数を増やすか、客単価を上げることになります。

飲食店

わかり易い記載が大切

初めて飲食店を経営していく上では、企業や店舗理念を各スタッフにわかり易く提示しておく事も大切です。 飲食店スタッフの作業は利用者の入店時に始まり、会計やお見送りなどの場面までが大きな流れです。マニュアルにも各作業段階を区切って記す事になります。

紳士

出来る範囲でやれたりする

地域に住む外国人や留学生と懇親会を開いたりするのもひとつの方法で、各国の言語や文化習慣に触れ合う事ができます。また、自治体にによっては国際観光向けの新規ビジネス立ち上げに関して助成しているところもありますので、インバウンド・ビジネスを支援している会社同様に連絡を取ってみるのもよいでしょう。

握手

東南アジアで有望な進出先

インドネシアに会社設立する場合は内資法人か外資法人かを決めます。外資法人の場合は規制されている業種を調べておくことが重要です。資本金も日本円で1億円が必要になります。具体的な流れは投資登録を申請し、定款や会社名を作成し、納税者番号を取得したら銀行に口座を開設します。あとは各省庁へ届け出をします。