飲食店の売上が伸び悩んでいるならココ|再建しよう

出来る範囲でやれたりする

紳士

カフェを開業する

円安や東南アジアの各国の経済成長といった要因で首都圏や関西圏では連日多くの外国人観光客を見かけます。また。2020年の東京オリンピックを控え国際観光が日本各地に拡がっていくと言われる中、インバウンド・ビジネスが益々注目を集めています。インバウンド・ビジネスの中では既存のホテルや旅館などの宿泊施設でも利用されています。また、運輸サービス業や観光産業、サービス業など新規参入が見込まれるもので多く利用されています。最近は、外国人観光客も増加してきているため、外国人観光客向けのゲストハウスやカフェでもインバウンド・ビジネスが盛んです。ゲストハウスで併設で宿泊業と喫茶の両方をやっているところも多いのですが、先ずはカフェを先にやってみるのもよいでしょう。現在は、各種外国語の言語サービスを行っている会社や指さしで外国人とコミュニケーションを取れる書籍やアプリもあり実際に英語をそこまで話せなくてもインバウンド・ビジネスを展開しているお店が数多くあります。メニューに関しても,どの地域の人たちが多いかといったことを考えられますが、実際に欧米人が好むのはパスタやパン、アジア圏内の旅行者は日本のラーメンやうどん、カレーを好んでおり特別なメニューを用意する必要もなさそうです。また、中古で自転車やパソコンを数台買ってレンタサイクル、インターネットができる環境を整えればその利便性により外国人観光客が気軽に訪れやすくなります。そこで、カフェ経営や外国人相手のビジネスに興味がある方は、国内外で上手くいっているカフェの成功事例に詳しいインバウンド事業を支援して会社や地域の中で先進的に国際観光のサービス業を行っていることに相談されるのもよいでしょう。