飲食店の売上が伸び悩んでいるならココ|再建しよう

わかり易い記載が大切

飲食店

店舗特性も反映します

多くの人の中には、将来自分のお店を持ちたいと考えている人もいます。飲食店を経営する際に、各人の動きは重要な役割を果たします。作業内容が各段階でも違ってきますので、マニュアルを作成しておくと各人に役立ちます。 飲食店の経営といっても、店舗が提供する内容はそれぞれに違いがあります。ある程度誰もが同じ接客をする事ができる場合もあれば、お客様によって対応を変える場面が多い店舗も存在します。飲食店を経営する側が、店舗の特色などをスタッフに理解してもらう必要も生じます。更に、経営する側は、企業・店舗理念を明確に表示し、各人の作業が反映される事を説明しておくのも大切なポイントになります。 飲食店での作業の大きな流れとしては、利用者の入店から会計・お見送りまでになります。作業マニュアルの最初は、利用者入店時の挨拶があります。いらっしゃいませという挨拶にも、ご利用頂きましてありがとうございますなどの言葉が付加されるなどのケースも見られます。あるいは、店舗スタッフ全員で声掛け挨拶を行うなどが必要な場合もあり、店舗毎に設定する事になります。予約制の場合には、受付時に利用者への確認なども行う内容になります。 入店後は、着席までの誘導に関する作業マニュアルが必要です。喫煙を含めて利用者の希望なども予め聞き、適切なテーブルへの誘導を行います。着席から一旦下がってオーダーを取る場合の挨拶なども、後程注文を伺いに参りますの言葉などを記載しておきます。オーダー受付は、必ずスタッフがリピートとして確認をする事で、不要なトラブル回避に繋がります。オーダーメニューの提供時には、料理に関する説明・注意などを簡潔に添える事で、利用者にもわかり易くなります。 会計は、店舗により大きく違いが出る部分でもあります。支払い方法により場面も異なり、説明なども変わってきます。支払い場面は、利用者と飲食店の最終確認の場所でもあります。作業には間違いなどが無い様に、感謝の気持ちを表現する事も大切です。